現代の画家一般は全て
漫画家でなくてはならない

全集書影

MaVo(マヴォ)をはじめとする大正アヴァンギャルド運動、プロレタリア芸術運動のなかで、 激動の時代と社会に拮抗した漫画家・柳瀬正夢(1900〜1945年)の全軌跡。

Profile

自画像

柳瀬正夢(やなせ・まさむ 1900.1.12〜1945.5.25)

画家、漫画家、舞台装置家。
1900年愛媛県松山市生まれ、本名・正六。11年、福岡県門司に移住。15年、再興日本美術院第2回展に入選、洋画家として歩みはじめる。20年に上京。マヴォや三科といった尖鋭的な美術団体を結成する一方で、社会主義思想に共鳴し、21年に第2次『種蒔く人』同人に加わる。以降、プロレタリア芸術運動のなかで『文芸戦線』『無産者新聞』などに戦闘的な政治漫画を数多く描いた。31年に日本共産党入党、翌年検挙、収監される。出所後は再び油彩画の筆をとり、中国大陸や日本各地をスケッチ旅行する。戦局の激化にともない漫画を執筆する機会を失うが、童画、写真、俳句と表現方法を変えながらも社会と向き合い続けた。終戦間近の45年5月、新宿駅で空襲に遭い没する。

編著書
  • 『無産階級の画家 ゲオルゲ・グロツス』鉄塔書院、1929年
  • 『柳瀬正夢画集』叢文閣、1930年
評伝
  • まつやま・ふみお『柳瀬正夢』五味書店、1956年
  • 井出孫六『ねじ釘の如く――画家・柳瀬正夢の軌跡』岩波書店、1996年

柳瀬正夢年譜を見る

本全集の特色

  • 美術史上でとりあげられなかった、印刷物として発表した著作を網羅
  • 発行年をもとにした発表形態別の編集により全貌が明らかに
  • 公的機関に入っていない稀少な資料も収録

刊行の言葉

MaVo(マヴォ)をはじめとする大正アヴァンギャルド運動、プロレタリア芸術運動のなかで、 激動の時代と社会に拮抗した漫画家・柳瀬正夢の全集。
美術史において長らく看過されてきたグラフィック・アートに焦点を当て、タブローを除く柳瀬の著作——漫画・挿絵・装幀・ポスター・詩・俳句などを網羅し、四つの時代に分けて収録する。名高いプロレタリア漫画をはじめ、初期の議会漫画・諷刺画、『読売新聞』 『アサヒグラフ』におけるナンセンス漫画、「パン太の冒険」などのコミック漫画、多くのイメージを生成した装幀、晩年の童画や写真構成など、柳瀬正夢の多彩な創作活動が一望できる。
戦前の思想、政治、社会、文化、風俗の歴史を知るうえでも重要な資料であり、近代美術、漫画、日本近代文学の研究者必携の書といえる。

MASAMU YANASE柳瀬正夢