現代の画家一般は全て漫画家でなくてはならない

マヴォをはじめとする大正アヴァンギャルド運動、プロレタリア芸術運動のなかで、激動の時代と社会に拮抗した漫画家、柳瀬正夢の全軌跡。

2013年12月に第1巻を刊行し、最終刊の別巻は2019年6月末発売予定です。最新情報はTwitterをご覧ください。

本書の特徴

構成

第1巻 | 1916-1927年
大正アヴァンギャルド運動・漫画家としての出発点——今の処僕には漫画という形式が一等恰好だ
▶ISBN978-4-906943-34-0 C3371

第2巻 | 1928-1933年
プロレタリア芸術運動の隆盛・大衆読者への意識——俺達の絵筆を送れ!
▶ISBN978-4-906943-35-7 C3371

第3巻 | 1920-24, 1929-36年
読売新聞の時代
▶ISBN978-4-906943-36-4 C3371

第4巻 | 1934-1945年
戦時体制下の仕事——現代の画家一般は全て漫画家でなくてはならない
▶ISBN978-4-906943-37-1 C3371

別巻 | 解説、同時代評、著作目録、年譜
▶ISBN978-4-906943-38-8 C3371

造本・体裁

A5判/上製/平均580頁/カラー口絵6頁/定価=各巻18,000円(税別)
*1巻のみ特別定価15,000円(税別)

お問い合わせ

柳瀬正夢全集刊行委員会

ご注文

三人社
京都市左京区吉田二本松町4 白亜荘
tel.075-762-0368/fax.075-762-0369